絵画館の概要

HOKUBU記念絵画館は、北武グループ会長であり、若くして多方面で活躍した実業家小西政秀が精力的に収集した絵画を一般に公開するために作った施設です。

小西は企業経営に心血を注いだ人物ですが、忙しい毎日の中で、彼の数少ない趣味の一つが美術との触れ合いでした。それは、自らの目に頼った好き嫌いでの収集と鑑賞にはじまり、やがて、美術館建設という方針が固まり、収集意欲が高まると、主な対象が日本の具象洋画と木版画に絞られました。しかしそれはコンセプトにのっとった、コレクション形成というよりも、彼の感性に合ったもの、彼の目で観て美しさ・厳しさを受けるものを何となく選んだものでした。

そして、美術に親しむ喜びを分かち合い、静かに作品を眺めるための場所を作りたいという気持ちが先立ち、平成8年に絵画館が開設をはたしました。基本は小西コレクションが中核を占めますが、開設してからは、美術史や芸術学的な観点からもコレクションは充実されました。企業の社会還元の一端としてスタートした絵画館は、平成22年に北武グループから財団へと運営する組織を変えました。そして作品の集積とその公開という根源的な趣旨を担いながら、豊かな文化提供の場としてさらなる発展に期しています。

 

北武グループのホームベージヘ

HOKUBU記念絵画館をもっと詳しく知りたい方へ