開催中〜6月24日(日) 目をつぶり 感じるもの

2018.02.18

 目をつぶり瞑想に浸るとき、思い出の中で異彩を放つものは自然や動物に対する優しい心持ちです。生けるものを守り、慈しむ、そういう気持ちにさせる絵画を集めました。出陳作家は、坂部隆芳、高橋美則、本荘赳、村井貴久子など。約45点の作品をご紹介します。

 

 

お知らせ一覧へ